早漏治療のモニターで金額が安くなることも

モニター活用で早漏治療の金額を安くする

早漏治療は金額が高くなることが多いですが、モニターになればその金額を大幅に下げられるかもしれません。
モニターとは後に早漏治療を受ける人のために、自身がそのサンプルになるシステムです。
治療の参考にするための情報をクリニック側に提供する代わりに、その見返りとして金額が安くなるわけです。
どれだけ安くなるかはクリニック次第ですが、大体2割から3割程度が引かれることが多いです。
金額にすれば数万円です。

提供する情報は個人的な内容も含まれますが、名前や住所といったものは当然除外されます。
大抵の場合は、年齢や体重など治療の参考になる情報のみです。
また早漏治療を行う前と後の写真や、実際に治療を受けた感想なども、将来的に他の患者さんに伝わることになります。
具体的にどのような形で提供されるかは様々で、カウンセリングの際にサンプルとして提示されることもあれば、サイトに掲示されることもあります。

モニター対応ができる早漏治療は限られる

早漏治療のモニターは、金額を大幅に下げることができます。
しかし全ての早漏治療がモニター対応できるかというと、そういうわけではありません。
そもそも早漏には色々な種類があり、治療法も異なります。
そして投薬治療で済むことも少なくなく、その場合はモニターをする部分がありません。
また心理的な原因で、カウンセリング中心となる早漏も、モニター対応は難しいです。

モニター対応ができるのは、基本的に男性器の手術をする場合と考えて問題ないでしょう。
男性器の中でも特に敏感な裏筋部分を切除したり、亀頭を増大させる副産物として性器が刺激を感じにくくなるなどの治療が代表的です。
そうした手術であれば、男性器がどのように変化をしたのかを写真によって伝えやすいので、モニターになります。

ただモニターを前提として早漏治療を考えるのであれば、クリニック選びに注意しなければなりません。
モニターは全てのクリニックで受け付けているわけではないからです。
事前にモニターを募集しているところを探して、申し込む必要があります。

まとめ

早漏治療の手術は、種類次第で非常に高い金額になってしまいます。
場合によっては数十万円かかることもあるでしょう。
そのためなるべく金額を抑えたいと考える人もいるはずです。
そんな人はモニターを利用することを考えてみても良いでしょう。

最終的には、自身の感想や性器の写真を他の人に見られても問題ないかどうかで決まります。
金額が安くなることと、その抵抗感を天秤にかけて、自身にとって最も良いと思える方を選択しましょう。

カテゴリー ポイント タグ .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。